MGバスターガンダム

MGバスターガンダム

2017年9月20日水曜日

RGフェネクス化計画-4(アームドアーマーDE取付け位置変更)

昨日アームドアーマーDEを取付けられるようにパーツを加工したのですが、なんとなく違和感があったので、ネットのフェネクス画像を色々見てみました。

すると、ある事に気が付きました。

HGのフェネクスに比べ、背面に付けたアームドアーマーDEの位置がPGやカトキハジメイラストではかなり高い位置になっているのです。
というか、HG版だけが低い位置についている?のです。

自分の中のイメージはほとんどPGフェネクスで出来ているので、そこに違和感が生まれたわけです。

原因がわかったので、早速パーツを加工してみました(*^_^*)

アームドアーマーDEの位置を上にズラせばイイので、接続パーツを切断して受け軸を上に繋ぎ直すだけです。
アームドアーマーDEは少し重いので、補強しつつ接着です(*^_^*)

この加工でどのくらい違うのか、途中画像を撮ったので、御覧ください。
左側が上に移動した状態、右がノーマル状態です。
大分位置が上にズレました!(^^)!

で、左右共移動した状態がコチラ。
大分フェネクス感が出ました(*^_^*)
角度を変えてもイイ感じに見えてますので、これでOKでしょうか!(^^)!

2017年9月19日火曜日

RGフェネクス化計画-3(アームドアーマーDE取付け加工)

アームドアーマーDEを本体に取付けるためのパーツを加工してRGのバックパックにアームドアーマーDEを付くようにしました!(^^)!

背面にアームドアーマーDE×2を取り付けるためのパーツはHGバンシィノルンに含まれていますので、そのパーツがRGのバックパックに付くようにすればイイだけです。

試したところ接続ピンが少し細く、上面の一部が干渉するだけなので、簡単な加工で付きそうです(*^_^*)

加工部分はコチラです。

接続ピンにプラ板を貼って、その上の部分をバックパックと干渉しないように削るだけです(*^_^*)

青いバックパックカバーはRGのパーツですが、無加工でも両面テープ等でポン付けできそうです。

簡単に加工出来たので本体にチョット付けてみました(*^_^*)
本体は完成したばかりのRGユニコーン1号機、アームドアーマーDEは格納状態でした(~_~;)
丁度アンテナのバランス確認もできました(*^_^*)
頭部だけの時はアンテナがデカ過ぎると感じていたのですが、本体と合わせるとコレでもイイかなという感じです(*^_^*)

しばらくこの白いフェネクスを見ながら、もう1セットのアームドアーマーDEを造っていきます。

2017年9月18日月曜日

RGフェネクス化計画-2(フェネクス アンテナ加工)

フェネクス化の素体であるRGユニコーンが届いたので、早速造ってあったアンテナを付けてみました!(^^)!

ユニコーンヘッドに合わせたのが、はじめてなので、こんなもんか?というのが正直な感想です。
フェネクスの参考画像が少ないのと、PGの完成画像は金メッキの反射で形状がわかりズライのでイマイチイメージが掴みずらいですね(~_~;)

今後、全体のシルエットに合わせてチョコチョコ調整していく感じです(*^_^*)

2017年9月17日日曜日

RGフェネクス化計画-1(アームドアーマー可変加工)

今日から本格的にRGフェネクス化のに取り組んでいきます!(^^)!
まぁ既にちょこちょこイジっていましたが。。。

RGフェネクス化に向け大きな課題であるアームドアーマーDEの可変化があります。
HGを4つ(ユニコーンモード×2、デストロイモード×2)買えれば、ポン付けも可能でしょうが、さすがに財布に痛いので、デストロイモードのアームドアーマーDEを可変可能にしていきます。

伸縮可能なRGのシールドにHGデストロイモードのアームドアーマーDEを切刻んで2個イチにしていきます。
上画像はHGのアームドアーマーDEを切刻んで可変する部分は個片化してユニコーンモードの状態にして、RGのシールドに被せた状態です。
RGのシールドがHGより長いようで、少し下側に伸びてますね(~_~;)

そしてRG用シールドに被せたアームドアーマーDEを展開すると

ほぼほぼイイかなと。。。
アームドアーマーDEは上中下の3枚の羽?が開くのですが、上の羽根はサイコフレームを変えることで開閉することにしたのでが、下の2個は軸を新造して開閉する機構にしました!(^^)!
真ん中の羽根は軸の位置が上手く出せず、HGより外側に開く状態になってしまってます(~_~;)
軸の位置はトライ&エラーを繰り返せばイイ位置が見つかるでしょうが、アームドアーマーDEのプラがもたないので、一旦これでOKとしました。

本日3体目のRGユニコーンが届いたので、明日はフェネクスのアンテナを合わせてみようと思います(*^_^*)

2017年9月16日土曜日

RGユニコーン作製-16 完成!(*^_^*)

RGユニコーン完成しました(*^_^*)

ギャラリーの方にアップしてありますので、御覧頂けると大変嬉しいです!(^^)!
モデラーズギャラリーにも投稿しましたので、コチラも御覧頂き、投票して頂けると大変嬉しいです!(^^)!

それぞれ下の画像をクリックして頂くとリンクします。

oz3box gallery
http://oz3box.ikidane.com/RGユニコーン.html

モデラーズギャラリー
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=40521

2体のRGユニコーンが完成しました。
引き続き3体目のRGユニコーンを作製予定です(*^_^*)

2017年9月15日金曜日

RGユニコーン作製-15(塗装完了)

ほぼ1週間遅れで塗装忘れのRGユニコーンのサイコフレームを塗装しました(*^_^*)
これから撮影して、3連休中にギャラリーにアップします!(^^)!

ちゃんと塗装して1枚。
こんな感じになりました!(^^)!

2017年9月14日木曜日

RGフェネクス始動!(^^)!

RGフェネクスを作製するにあたり、アームドアーマーDEのモード変更加工方法を検討していましたが、かなり実現性が見えてきましたので、本格始動しようと思います(*^_^*)

コチラを御覧ください。
SD+HGバンシィノルンで作製した無加工のアームドアーマーDEの右半分を加工したモノです。

画像左側はアームドアーマーDE右側を加工後にデストロイモードにしたものです。
画像右側はアームドアーマーDE右側を加工後にユニコーンモードにしたものです。
シールド部は、まだHGのままなので、可動できません。

結局、パーツを可動させるのはムリなので、一番上の可動部はサイコフレームをデストロイモード用とユニコーンモード用の2枚作製して、開閉に合わせて付け替えることにしました。
真ん中の羽根はフレームとの接続部にプラ板でアゴ形状を付けて引っ掛けて固定。
一番下の羽根は外装のピン2本を切り飛ばし、ユニコーンモード時にサイコフレームが出来るだけ隠れるよう位置を調整し、サイコフレーム接続ピンをつけました。一番下は格納位置でサイコフレーム同士が干渉し、閉まりきらないので干渉部を少し削ってあります。

これで一気にRGフェネクス化が現実味を帯びてきたので、早速RGユニコーンとHGバンシィを注文しました(*^_^*)ネットで6100円です(ーー;)
我が家は既にHGバンシィの箱が2個、1個は本体は手付かずなのに、さらに本体の使用予定の無いバンシィを2個も注文とは(~_~;)

キットが届くまでに残ったアームドアーマーDEの左側も同じように加工して、RGユニコーンの塗装と撮影を終わらせなくてはいけません。

2017年9月13日水曜日

RGユニコーン作製-14(フェネクス化検討)

RGユニコーンの塗装忘れ問題はまだ対応できていません(ーー;)
放置しているデストロイモードを御覧下さい。

塗装が出来ない間にフェネクスのアンテナを造ってます(*^_^*)
ところが重要なことに気が付きました!
フェネクスのアームドアーマーDEですが、当初バンシィノルンを2個買えばそのまま使えると考えていましたが、RGはモード変更タイプなので、アームドアーマーも2モード分必要ということです。
アームドアーマーのためにバンシィノルンを2モード2個買うのはさすがにキビシイです(T_T)

我が家にはアームドアーマーDEが既に2個あるので、その内1個を使い、RGのシールドとミキシングして、どうにかモード変更可能に加工しようと思います(*^_^*)
さすがに可動機構を組み込むのはムリなので、バラして差込等でそれらしく形状が変わってくれれば良いのですが。
しかし、そうなるとRGのシールドも2個分必要に。。。(ーー;)
出費を考えるとバンシィユニコーンモード2個の方が少し安いか。。。悩ましいところです。

2017年9月12日火曜日

RGユニコーン作製-13(塗装忘れ)

RGユニコーンのデストロイモードの撮影をするため、ユニコーンモードから変形させていたところ、え~っ!と発見してしまいました(T_T)サイコフレームの塗装忘れです。

ナゼ?組立ての時に気が付かなかったのか不思議ですが、とにかく塗装していません(>_<)
デストロイモードを撮影するには塗装し直しが必要になりました。
フロントアーマーをバラス必要があるので、塗装ハゲも心配です(>_<)

ちょっとショックだったので、気持ちを落ち着かせるため、フェネクスのアンテナを試作してみました!(^^)!
まだ片側だけですが、試作1号はこんな感じです。
まだユニコーンヘッドに合わせていないので、良いのか悪いのか判りませが、このまま進めてみます(*^_^*)

2017年9月10日日曜日

RGユニコーン作製-12(ユニコーンモード撮影完了)

RGユニコーンはガトリングガンの塗装が完了し、撮影を開始しました!(^^)!
現在ユニコーンモードを撮影中です。
撮影中ガトリングガンの接続部分が破損、ポッキリ折れてしまい撮影難航しています(T_T)
まだ、撮影中ですが、基本形態のユニコーンモードを1枚載せておきます。
ガトリングガン無しですが、自分的には十分満足できるカッコよさです!(^^)!
ユニコーンモードが終わったらデストロイモードの撮影ですが、休みが終わってからなので、少し時間が掛かりそうです(~_~;)

2017年9月9日土曜日

次回作の検討(*^_^*)

RGユニコーンに付けるガトリングガンの塗りわけが終わり、デカールを貼ってます。デカールが乾燥したら、トップコートして完了となります!(^^)!

というわけで、次は何を造ろうかと考え始めた訳ですが、只今絶賛ユニコーンにハマるキャンペーン中で、ユニコーン系で何か無いかと物色してます(*^_^*)

順当にいけば、MGフルアーマーユニコーンの作製を再開するのですが、RGを造ってしまうとMGの機構に不満が出て、モチベーションもかなり下がってしまってるので、しばらくは保留です(ーー;)

で、PGユニコーンあたりがイイかなと思っているのですが、ユニコーン3号機フェネクスなるものがあるのを知って、調べたところアームドアーマーDEが2個付いている金色のユニコーンだとしりました。
RGでフェネクスを再現するとなると、バンシィを2個、RGを1個用意する必要があります。
金額にしてザット6千円~の出費です(ーー;)

それ以外にも、アンテナの自作とアームドアーマーDEの取り付けも自作という壁があります。

なんとかなるか検討していたところ、バンシィのアームドアーマーDEのランナーに余剰パーツを見つけました。
ネットでHGフェネクスの画像を見てアームドアーマーDEをバックパックに繋げるパーツに似ていると思ったのですが、イヤイヤ、まさにそのモノでした!(^^)!
あとはフェネクスのアンテナ造れればRGユニコーンのフェネクス化が可能となります(*^_^*)

プラ板でフェネクスアンテナの試作をして上手くいったら、次回はRGフェネクスにしようと思います。

2017年9月8日金曜日

RGユニコーン作製-11

RGユニコーンにつけるガトリングガンは塗装中です。

本体だけでお台場ユニコーン風に撮ってみました(*^_^*)
ツイッターで良く見かけるアングルです(*^_^*)
ちょっと巨大感はありませが(~_~;)このアングルのお台場ガンダムの画像を見て、RGユニコーンを造る気になりました。

それにしてもRGのユニコーンモードはカッコイイです!前からユニコーンモード派でしたが、RGを造って改めてカッコイイと感じました!(^^)!
最近のお気に入りの角度です(*^_^*)
頭部は全くの無加工なのにこのカッコ良さ、毎日見ても飽きません。

ガトリングガンも一部シルバーで塗り分けしたら完成しますので、カメラを充電しておきます!(^^)!

2017年9月7日木曜日

RGユニコーン作製-10(ガトリングガン加工-2)

HGフルアーマーユニコーンのガトリングガンをRGユニコーンに取り付ける加工を続けてます。
色々調整するところが多くて難しいです(~_~;)

今回はガトリングガン有無し両方できる様に、シールドはRGオリジナルのまま使います。
HGのシールドはガトリングガンにつける様になっていて、RGとは当然形状が違います。

シールドを取り付けた状態で、ガトリングガンをHGに付けるピン位置に合わせ、どんな位置関係になるか確認しました。
HGの場合、ガトリングガンとシールド裏面の距離はほとんど無いのに対し、RGは
かなりシールドとガトリングガンの距離が開いています(~_~;)

RGのシールド取り付け機構から、この隙間を無くすのは難しいので、隙間を少なく出来るよう、どうやって繋げるか検討した結果、RGのシールド取り付けパーツにスリットを付けて、ガトリングガンをスライドさせてつける仕様にしました。
この方法のメリットは位置調整も楽で、ガトリングガンを分割し、最接着した部分への負荷も軽減できるということです。
この方法にする前は、位置あわせするたびにガトリングガンを多少広げて付けたり、外したりするので、ガトリングガン同士の接着部(画像左側のプラ板積層部)がスグに剝がれてしまいます。

スライド方式なら、位置だしも自由に出来ますし、ガトリングガンを広げる必要もありません!(^^)!

RGでシールドとガトリングガンを近づけるため、かなりガトリングガンをシールド側に移動する必要がありますが、それほど違和感無く、イイ感じに付けることが出来ました(*^_^*)

両腕にガトリングシールドです(*^_^*)これで満足です。

ガトリングガンの合わせ目消し、塗装をすれば、やっと完成になります。
週末には出来るかな?というところです(*^_^*)

2017年9月3日日曜日

RGユニコーン作製-9(ガトリングガン加工)

昨日買ってきたHGフルアーマーユニコーンからガトリングガンをRGユニコーンに取り付けられるか試してみました!(^^)!

HGの取り付け状態から確認していきます。
左からシールド前面、シールド裏面、ガトリングガンです。
HGですので、モード固定のパーツ構成なので、カッチリ組立てられます。

シールドとガトリングガンの接続は画像中のマルで囲んだピンをピン受けに差し込む方法です。

このままRGに付けられれば良いのですが、残念ながらガトリングガンの間隙がRGには狭すぎで、一旦ガトリングガンは左右を分割して間隙を広げる必要があります。

今回RG用のシールド接続パーツを使う予定なので、接続パーツが入るようにガトリングガンの位置を調整します。
ガトリングガンの位置調整と、腕のビームトンファーに合うようガトリングガン同士を繋ぐ部分の形状も加工する必要があります。

この後、シールドとガトリングガンの位置調整も必要ですが、それは次回になります。

2017年9月2日土曜日

RGユニコーン作製-8(ユニコーンモード本体)

RGユニコーンのアンテナ塗装が終わったので、昨日組んだ本体に付けてみました!(^^)!
右肩にAEマーク、右フロントアーマーにはEFSFマークを追加しました(*^_^*)
これで本体はトップコートを残すのみになりました。

でも、その前にチョット思うところがあって、追加物資を購入しました。
HGのフルアーマーユニコーンです!(^^)!
どうして、このキットを買ったかというと、どうしてもビームガトリングガンが欲しかったという理由です。
現在RGユニコーンが2体、今回購入したHGが1体、他にSD+HGが2体あり、どのユニコーンに合わせるかは現在検討中です。
RGにHGガトリングガンは付かないとネットに載っていたので、そこも含め検討していきます。

2017年9月1日金曜日

RGユニコーン作製-7(上半身組立て)

上半身パーツのデカール貼りは終わったので、組立ててみました!(^^)!
 組立ててみると、思った以上にグレー部分が多かったです(~_~;)
RGは標準カラーよりグレー大分多いイメージがありますが、ユニコーンのキャラクターを考えるとチョットやりすぎた感がありますね(ーー;)

でも、今回は白い部分はユニコーンのイメージより少し暗い感じ(グレーより)にして、お台場ユニコーンに寄せているので問題ないですけど(*^_^*)

チョット残念なのは、肩パーツで01マークが少しズレてます。やはりパーツの合わせが微妙に。。。。。

どこかにAEデカールを貼りたいので、アンテナの塗装が終わる明日くらいに、頭部が付いた時点で、デカールのバランスを再検討する予定です。


2017年8月31日木曜日

RGユニコーン作製-6(塗り分け&デカール貼り)

塗装が終わった部分からデカールを貼り付けています(*^_^*)
現状は下半身と武器がデカール貼り終えました。
本体はスミ入れでRGの過剰ともいえるディテールが浮きだってますので、デカールは控え目にして、フロントアーマーにNAデカールを貼ってます!(^^)!
本体塗装はホワイトとライトグレーで塗り分けています!(^^)!
バズーカの先端部分のリングっぽい部分をシルバーで塗り分けしたのですが、はじめはマスキングでやろうとしたのですが、始めて2秒でムリだと気付き、マスキングゾルを使いました(~_~;)
マスキングゾルを水で薄めてみたら意外にキレイにマスキング出来たので少し驚きました(*^_^*)

細かい部分の塗装が終わってないので、もう少し先になりますが、上半身は肩に01デカールを貼ってあるので、組立てた時どんな感じになるのか楽しみです。

2017年8月27日日曜日

RGユニコーン作製-5(デカールチェック)

RGユニコーンは塗装中ですが、一部デカールを貼ってみました(*^_^*)

今回のユニコーンは「NA」デカールを貼ってGFFっぽくしたいと画策していました。
UC用のガンダムデカールをユニコーン用とUC汎用の2種を購入していて、UC汎用デカールの方にNA、RC、GRの3種類の船名デカールがあるのですが、船名はジェスタ用なのか?白枠文字になっていて、白いユニコーンには使えませんでした(T_T)

目論みが外れて方針状態だったのですが、手持ちのZ/ZZ汎用デカールにグレー枠文字のNAを発見ししました!(^^)!
当初フクラハギに斜めに貼ろうと考えていたのですが、素立ち状態ではほとんど見えないので、却下しGFFフェネクスを参考にフロントアーマーにNAマークを貼りました!(^^)!

コーションデカールはMG準拠で少し控え目で、01ナンバーを肩に着けようと思ってます(*^_^*)

2017年8月25日金曜日

RGユニコーン作製-4(サフチェック)

RGユニコーンの加工が終わったので、サフチェックしました(*^_^*)
バンシィの時はサフレスで塗装したので、サフ姿は見てないので、ちょっと楽しみでした!(^^)!
全体像からです。
プロポーションは変更していないのにカッコ良すぎです!(^^)!

上半身はディテールの掘り直しとマル穴追加、胸部カバーの側面(腕の付根の部分)はメカっぽく塗り分けする予定なので、ガッツりディテールを彫り直しました(*^_^*)

脚部もお台場ユニコーン風に塗り分けるため、ガッツりディテール彫り直して、マル穴を追加です。
この後、キズチェックしたら塗装開始です。

このユニコーンは0.3mmプラで首の延長しているのですが、顔をちょっと下に向けようと負荷をかけるとスグに接続部がポキっと取れてしまいます(>_<)

バンシィの時は問題無かったのですが、破断面を見ると瞬着界面でキレイに剝がれてます(T_T)
Bライナーパーツのクリアは瞬着では着かないみたいです。細い真鍮線で補強できるか試す必要ありです。

2017年8月24日木曜日

RGユニコーン作製-3(首の延長)

今日はRGユニコーンの首を延長しました。
バンシィの時は高エリのパーツがあったため、0.8mm分のプラ板を貼り付けたのですが、ユニコーンの場合はユニコーンモード、デストロイモードとも微妙な加減が必要と感じてます。
多分アゴ引きがもう少し出来るようになればOKなのではないかと(*^_^*)

で、一旦プラ板は0.3mmで瞬間接着剤で貼ってみました。


微妙ですが、ややアゴ引き角度が深くなって、ほんの少し首元がスッキリた感じです(*^_^*)
ユニコーンモードはバズーカのイメージがありますので、画像では2本持たせてみました!(^^)!
加工自体はこれで終わりです。

2017年8月23日水曜日

RGユニコーン作製-2(一部形状変更)

RGユニコーンで数少ない修正部分のつま先とデストロイモードのフェイスマスクを修正しました。
バンシィも同様の修正をしていますので加工後、塗装後の比較画像です(*^_^*)

つま先に0.5mmプラ板×4枚を貼り付け元のクツの形状に合わせるだけです。
塗装すると左のバンシィののつま先の様になります!(^^)!
このつま先は気に入っているので、ユニコーン1号機にも同じ加工をしました。
フェイマスクも0.3mmプラ板を貼って幅増ししてます。

それから、バンシィのヒサシ形状も少し修正しました。
撮影した時にあまりにも顔が見えなかったのですが、オリジナルユニコーンはバッチリ見えてますので、バンシィのヒサシが分厚いのが原因と判断して、少し小型化しました!(^^)!
とは言えココは非常にデリケートな部分ですので、#1200ヤスリでチマチマ削りました。
コレで少し顔が見え易くなったのですが、もう少しかな?という感じです。
ユニコーンを進めながら、調整する予定です。

2017年8月22日火曜日

RGユニコーン作製-1ディテール追加?

昨日でRGバンシィの作製と夏休みが終わり(T_T)、今日から心機一転!でもありませんが(~_~;)RGユニコーンをオリジナルの1号機で作製していきます!(^^)!

RGはほとんどイジル部分が無いのですが(~_~;)、それでは面白くないので、お台場の1/1ユニコーンを参考にモールド彫り直しやマル穴モールドを追加してディテールアップしていこうかと考えています。

画像はスネ部分の外装ですが、右が無加工、左がモールド彫り直し+マル穴モールドを追加してます。マル穴はお台場ユニコーンの画像からマネてます(*^_^*)
白飛びしてよく判りませんね(ーー;)

そんな感じでザット表面処理しつつディテールアップした全体像が下の画像です。

小さすぎてモールドが見えませんね(ーー;)
全塗装したバンシィより無改造のユニコーンの方がカッコよく写ってますが、ちょっと角度が悪いだけで両方ともカッコイイです(*^_^*)
本当にRGは素のままで十分カッコイイです。

この後、バンシィと同じ様につま先や首を延長したいりして、必要ならプラ板を少し貼り付けていく予定です。

2017年8月21日月曜日

RGユニコーン バンシィ化計画完了\(^o^)/

RGユニコーンとHGバンシィノルンのパーツをミキシングしたRGバンシィノルンが完成しました\(^o^)/

バンンシィのアンテナパーツ移植で位置だしに四苦八苦しましたが、RGのプロポーションのおかげで非常に満足度の高いモノになりました(*^_^*)

ギャラリーに多数の画像をアップしてありますので、御覧いただけると嬉しいです!(^^)!
以下画像クリックでギャラリー
http://oz3box.ikidane.com/RG+HGバンシィ・ノルン.html


また、モデラーズギャラリーに投稿してありますので、コチラも御覧頂き、投票して頂けると嬉しいです。
モデラーズギャラリーには以下の画像クリックでリンク頂けます。
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=40132

宜しくお願い致します。

RG+HGバンシィノルンは今回で終了になります!(^^)!

次回からは、またまたRGユニコーンで今度は1号機で作製する予定です。

2017年8月20日日曜日

RGユニコーン バンシィ化計画-11(本体色(~_~;))

RGバンシィは只今デストロイモードに変形し、変形に時に塗装ハゲしたところのリタッチが終わりました!(^^)!思ったよりはリタッチ箇所は少なかったので一息つけました(*^_^*)

まだ、ほとんど撮影できていませんが、本体色の塗り分けが判らなさ過ぎる問題について書きたいと思います。

説明付き画像を御覧ください。
画像の濃紺としている部分はRGユニコーンではライトグレーのFランナーパーツです。
このFランナーパーツは全てベース色の紺に黒を増加し、黒?と思うほど濃くしたのですが、画像で見ての通り、説明があっても、そうなんだ?程度です。
実物はそれなりに見えるので良いのですが、撮影の腕不足が最大の原因ですが(~_~;)コッチは中々進歩しません(T_T)

ネットではRGとHGのプロポーションは大差ないのでは?買うならHGのユニコーンモードとデストロイモードを両方買って飾った方がイイのでは?との意見を見ました。
RGを造った自分の意見はRG押しです、出来ればRG2個(*^_^*)、RG1個で変形させるのは面倒くさいですからね。
RGはさすがに最新キットだけあってユニコーンモード、デストロイモードともにHG、MGを凌ぐ、素晴らしいバランスですし、可動範囲も別格になってます。RGオススメです(*^_^*)

2017年8月19日土曜日

RGユニコーン バンシィ化計画-10(ユニコーンモード完成(*^_^*))

デカール貼りとトップコートが終わり、ユニコーンモードとしては完成となりました\(^o^)/

残念ながらデカールはバンシィ用が無いので、市販でカールのホワイトをRGデカールポイントを参考に貼りました。前回のSDバンシィのデカールが目立たなかったので、ちょっとクドイ位貼ってます(~_~;)
まだちゃんと撮影出来ていませんが、完成したユニコーンモードの全体像です(*^_^*)


ユニコーンモードのアームド・アーマーXCは以前作製したSD+HGバンシィノルンのユニコーンモードから拝借しています(*^_^*)

今回トップコートに、Mr.カラーのフラットベースなめらかを使ったのですが、非常にイイ感じの仕上がりになりました\(^o^)/粒子感が無く、本当に滑らかな表面状態に仕上がってくれました(*^_^*)

ユニコーンモードの撮影が終わったら、デストロイモードに変形させて撮影になりますが、リタッチ必至なので、しばらく掛かりそうな感じです(~_~;)