MGバスターガンダム

MGバスターガンダム

2018年5月20日日曜日

ガンダムFSD塗装中(*^_^*)

前回で加工が終わったFSDは塗装工程に入っています(*^_^*)

FSDは2機存在し、今回メインのロングレンジ・ビーム・ライフルの狙撃はいわゆる白い方のガンダムなのですが、キットは黒い方のガンダムなので、色変えをします。

ここで問題なのは局地型ガンダム特有のラインマーキングです。
キットには付属のデカールシールがあるのですが、黒いガンダム用なのでラインはオレンジのシールになってます(ーー;)

局地型ガンダムのガンダムデカールは持っているのですが、FSDでは装備やラインが追加されているため、代替するのは難しいです。

で、諦めようかと考えたのですが、デカールシールを良く見るとライン部分は余白が無い様カットされており、このラインシールをマスキング代わりに出来ないかと思ったわけです。

ライン部分はそんなに多いわけでもないので、ダメもとでやってみました(*^_^*)
自分の想像以上に上手い具合出来てます!(^^)!
ミドリが薄いのでイマイチ見辛い感じはありますが、これでデカールを貼ればバッチリでしょう!(^^)!

白系はウェザリングも映えますし、イイ感じに仕上がるのではないでしょうか(*^_^*)

2018年5月18日金曜日

ガンダムFSD加工終了

気になる部分があったFSDは、調整を繰り返しなんとか形になりました(*^_^*)

加工部分はそんなに多くないのですが、小顔でスタイリッシュなORIGN感がなくなってます(~_~;)
 
でも自分の感覚ではかなり満足な出来です!(^^)!
 
今回も忘れない様に加工部分を記録しておきます。


2018年5月16日水曜日

FSDちょこちょこ加工

ガンダムFSDです(*^_^*)

一通り組み終わって気になるところが色々出てしまってます(~_~;)
旧ガンダムヘッドに置き換えた影響も多々あると思うのですが、微妙にバランスが。。。

ということで、首と前腕と大腿部のバランスを変えちゃいました(*^_^*)
画像が荒いので見辛いですが、首と前腕を1mm延長して、太ももの左右に0.5mmプラ板を貼って太くする予定です。

それからFSDの特徴でもあるカメラアイ部のバイザーを付けてみました(*^_^*)
頭部を置き換えたため、バイザーは要らないかと思いましたが、どんな感じになるのか試してみました。
プラ板を切り抜いて付けただけですが、思ったよりイイ感じなので、バイザー付きの方向で進めようかと思います!(^^)!
クリア素材に出来る気がしないので、プラ板のままですかね?

2018年5月14日月曜日

ガンダムFSD素組完了

ガンダムFSDの素組みが終わりました(*^_^*)

装備がてんこ盛りで、ゲート処理してないのに結構時間が掛かりました(~_~;)

可動範囲の確認も兼ねてロングレンジ・ビーム・ライフルでポージングしてみました(*^_^*)

頭部は初代RX-78-2を付けてます(*^_^*)上から伏目の角度にするとめちゃくちゃカッコイイです!(^^)!
ポージングもバッチリなので、可動は問題なしですね(*^_^*)

組んでみてたら大腿部が細いですね(~_~;)
あまりイジりはじめると収拾付かなくなるので、ちょっとだけ検討しようと思います。

2018年5月13日日曜日

ガンダムFSD加工はじめました(*^_^*)

昨日買ってきたガンダムFSDは気になる頭部と足首の部分を加工してます。

頭部は放置しているキットからFSDの胴体にポン付けで比較してみました。
画像は真ん中がFSDオリジナルで左が初代、右がMkⅡの頭部になります。
顔的には初代ガンダムがお気に入りですが、MkⅡも中々です。

FSDの頭部はオリジン版の特徴がよく出ているのですが、何と無く気に入りません(^_^;)
やっぱり全体を組んでバランスを確認しないとダメな要です。
まぁゆっくり決めようと思います。

もう一つ気になる足首ですが、ちょっと加工しました!(^^)!
アンクルアーマーを切り取ってスネパーツから足首パーツに移植しました。
コレで足首の可動範囲が広がりました。
ただ、思ったより見た目は変わらないと言うか、もともと思ったほど変な感じではなかったです(^_^;)

ネットで局地型ガンダムを見た時に足首がカッコ悪いと思ったのですが、勘違いだったのでしょうか?これなら特に加工は必要なかったかと思います(+_+)

まぁ片方やってしまいましたので、可動範囲拡大ということで両方とも切り離して作製します。

2018年5月12日土曜日

HGガンダムFSD入手

先日買った付録のロングレンジ・ビーム・ライフルを見てからそれを装備するガンダムFSDが気になってしまい、ブルー・デスティニーが進まない病が発症しました(ーー;)

治療には薬が必要!ということで、買ってきました!(^^)!
HGガンダムFSDです。

作製方針は素組でウェザリング仕上げです(*^_^*)

局地型ガンダムは数種類発売されていますが、頭部と足首のアンクルアーマーが好みではないのでスルーしてました。

素組予定なのですが、頭部とアンクルアーマーが簡単に修正できればココだけ加工したいです。

で、早速、頭部だけ組んでみました。
チョット頭の上部が寸詰まりな感じがしますが、そんなに悪くないデスね(*^_^*)

同じHGのガンダムとMkⅡで比較してみました。
ガンダム系では頭だけでなく、頭部全体が1~2周りほど小さい感じです。
ボディと合わせてバランスを見ないとわかりませんが、頭部の置き換えをするかも知れません。

明日から素組して検討したいと思います(*^_^*)

2018年5月9日水曜日

ブルー・デスティニー進捗と付録

ジムの作製が終わって一息、ブルー・デスティニーの作製を続けてます。

ブルー・デスティニーも概ね加工は終わっているのですが、細かい所が気になってちょこちょこ修正してます。
今はスネの裾部分です。
ここをスラっとさせれば大分イイ感じになるのでは?と考えていますが、まだ他にも修正は出てきそうです(ーー;)

そんな中ネットで発見したモノがあり、入手してみました。
月刊ガンダムエース6月号付録のロングレンジ・ライフルです(*^_^*)
雑誌はGW前に発売済みのですが、コミックを見ていなかったのでスルーしていました。
そんな中、GWに読んだククルス・ドアンの島を読み、ガンダムFSDが装備するガウも一撃で撃破する強力な試作武器で、えらくカッコイイと思い購入に至ったわけです(*^_^*)

箱の中身はランナー1枚
雑誌のカラーページに組立て説明ページがありますが、見なくても組立てられます。

さすがのボリュームです(*^_^*)
先日作製したジムのロケットランチャーと比較してもかなりの長さです。

ついでにジムに持たせてみました。
コレでガウを撃破するわけです。

やっぱりガンダムFSDも欲しくなっちゃいますね(~_~;)